MM21 Fan―+αlpha 1

途中から建物の外観イメージが変更された開発特集
本開発特集ページへ戻る


4街区「アーバンリゾートホテル」開発情報詳細
当初は「ザ・リッツ・カールトン」の進出が噂されていた4街区。「W Yokohama」に決定したものの事業会社倒産により09年8月開発中止へ。
 ⇒×
 ※初期イメージ


16街区「アニヴェルセルみなとみらい横浜」開発情報詳細
横浜市の顧問機関「都市美対策審議会」の審査などにより景観問題が起きて、
外観や高さなどが変更された。
 
 ※初期イメージ


28街区「TOC複合商業施設」開発情報詳細
大型ビジョンが廃止された。
 
 ※初期イメージ


43街区「CSKグループ本社ビル」開発情報詳細
 経済的理由により開発断念。
 ⇒×
 ※初期イメージ


46街区「ODビル」開発情報詳細
 
 ※初期イメージ


本開発特集ページへ戻る


55・56・57・58街区「セガ複合娯楽施設」開発情報詳細
高さが100mから180mに変更とともにイメージも変更したが、会社の財政難を理由に計画中止に。
 ⇒×
 ※初期イメージ


65街区「富士ゼロックスの統合R&Dセンター」開発情報詳細
スクエア形状からオーバル(楕円)形状へ変更。さらに、09年1月には低層部の吹き抜けが廃止された。
 
 ※初期イメージ


66街区「日産本社」開発情報詳細
当初は30階以上の150m級を想定していたが、横浜開港150周年の2009年に間に合わせるために、22階(約100m)に階数を減らした可能性も(環境アセスメント問題)。ただし延床面積は約78,500m2から約92,330m2に拡大している。(参照
 
 ※初期イメージ


67街区「横浜三井ビルディング(仮)」開発情報詳細
 
 ※初期イメージ



開発計画が中止・大幅に変更となった計画(2006年6月以降)
本開発特集ページへ戻る


55・56・57・58街区『セガの映像文化・複合娯楽施設』(08年3月中止
 概要:劇場、屋内型パーク、シネマコンプレックス、オフィス、ホテル、商業施設
    などから構成される。
    58街区は2008年春取得、投資額は1000億円を超える。
    セガの本社機能一部移転も検討。
 場所:「GENTO YOKOHAMA」と開発中の「日産本社ビル」向かい。新高島駅に隣接。
 規模:延床面積約340,000m2高さ約180mの予定。
 工期:2008年秋着工、2011年春竣工予定。
 備考:会社の財政的問題などで中止。
 情報:都市整備局
  
 ※イメージ


43街区
南東部(右区画)『モリモト「コンカードみなとみらい」』(08年11月開発中断
 概要:モリモトによるオフィスビル計画。低層部には商業施設も入る。
 規模:地上17階/地下2階(高さ約86m)、延床面積約70,000m2
 工期:2008年6月着工、2010年3月竣工予定(当初)。
 ※上記は当初の計画  
    08年11月にモリモト民事再生法申請したため開発がストップ。
その後:2010年9月、岡田不動産が子会社を通じて土地を取得、
    2011年の半ばにも以下の案の中から着工再開するとしていた。
    (建設途中の地下構造部分を活用)
    A案:17階建て、延床面積約70,000m2程度の恒久オフィスビル(13年春竣工予定)。
    B案:2階建ての暫定商業施設(12年春竣工予定)。
    ※2011年1月の情報(神奈川新聞/MM線周辺散歩日記
    しかし暫く開発再開されず、2012年に大成建設が埋め戻し作業を行なっている。
    2013年3月には岡田ビルが当街区にて、開発用途制限を超える
    自動車修理工場等の建設を横浜市に申請。
    同年6月より2階建ての自動車ショールーム(自動車整備工場の機能含む)を
    主とした施設の建設が着工した(参照)。
 情報:MM線周辺散歩日記
 
 ※イメージ


43街区
北西部(左区画)『CSKグループ本社ビル』(09年2月中止/詳細
 概要:CSKグループの本社、医科学系先端研究施設、インキュベーション施設、
    低層部には子供向けの創作ワークショップが入居。
 規模:地上33階/地下2階(高さ約162m)、延床面積約86,400m2
 工期:2009年7月着工、2012年2月竣工予定。
 備考:経済不況による経営環境の悪化などで中止。
 情報:MM線周辺散歩日記
  
 ※イメージ(初期はこちら


4街区(新港地区)『アーバンリゾート「W Yokohama」』(09年8月中止
 概要:エイ・ピイホテルアンドリゾートグループによるホテル建設計画。
    デザインは隣接する赤レンガ倉庫などに象徴される歴史性を取り入れ、
    2012年5月、米国スターウッドグループの高級ブランド「Wホテル」が
    日本初上陸する予定だった
    ※当初は「ザ・リッツ・カールトン」がこの地に進出の意向だった。
 公式:公式サイト
 規模:地上8階(高さ31m以下)、延床面積約41,000m2
 工期:2008年9月着工、2010年冬竣工予定(半年以上延期)。
 備考:2009年3月、日本での運営事業会社の一つパシフィックHD倒産。 
    開発パートナーの五洋建設は新しいパートナー企業を模索するも難航、
    同年8月、計画の中止が公表された。
 
 ※イメージ(初期はこちら


34街区『三菱地所―マンション&商業施設』(10年9月計画変更
 ※以下は09年6月の計画凍結時点の情報である。
 ◇商業施設(1棟) <南部:クイーンズスクエア寄り>
  概要:地上6〜7階以上の高層部は自走式の駐車場。
     駐車場壁面は緑化。
     街区中央に幅員約16mの歩行者通路整備。
     地下2〜3階でみなとみらい駅から直結させる。
  場所:横浜美術館前。
  規模:地上12階/地下3階(高さ54m)、延床面積約104,600m2
  備考:着工時期未定。

 ◇住宅施設(1棟) <北部:M.M.MID SQUARE寄り>
  概要:低層部に商業施設入居(日経新聞記事参照)。
     マンションは50年間の定期借地住宅。
  規模:地上30階/地下1階/317戸(高さ99,95m)、延床面積約36,000m2
  工期:着工時期未定。
  情報:イメージ図1/イメージ図2(修正版)MM線周辺散歩日記)
  計画凍結(延期)へMM線周辺散歩日記)
  備考:上記計画の以前には高さ120m級のオフィスビルの建設が噂されていた。
     2010年9月にマンション建設計画の中止、駐車場の地下化、
     商業施設の規模拡大などを盛り込んだ新たな建設計画が発表された。
     三菱地所34街区新計画


完成した施設(2006年6月以降)
本開発特集ページへ戻る


60街区『横浜みなとみらいスポーツパーク』(06年7月完成)(暫定利用施設
 概要:2006年7月開業。
 規模:地上2階(高さ約10m)。


59街区(一部)『国土交通省京浜港湾事務所』(07年1月完成
 概要:2007年1月竣工。
 規模:地上4階(高さ約16m)、延床面積約2,000m2


61街区『マリノスタウン』(07年1月完成)(暫定利用施設
 概要:「横浜F・マリノス」の拠点施設。2007年1月27日開業。
 規模:地上3階(高さ約12m)。
 
 ※イメージ


48街区『横浜アンパンマンこどもミュージアム』(07年4月完成)(暫定利用施設
 概要:全国で2館目となる「アンパンマン」をテーマにした施設で、
    飲食・物販店、劇場などで構成される。4月20日開業。 
    UR都市機構整備事務所「ブルーマリーナMM21」(参照)を改装利用。
 場所:「PCデポ」隣、「アルカエフ」の向かい。
 規模:地上3階(高さ約20m)、延床面積約6,000m2
 工期:2006年10月着工、2007年4月竣工。
 情報:「横浜アンパンマンこどもミュージアム」のサイト
 
 ※イメージ


本開発特集ページへ戻る


51街区『高島中央公園』(07年7月完成
 工期:2007年7月25日開園
    ※当初は2007年1月竣工予定だった
 情報:みなとみらい線 周辺散歩日記/ヨコハマ経済新聞/都市整備局 
 


33街区(クイーンズスクエア」前
中央部『業務施設「MMパークビル」』(07年12月完成
 概要:三菱地所によるオフィスビル建設計画(MM33プロジェクト)。
    みなとみらい駅からペデストリアンデッキで接続。
 場所:「みなとみらいビジネススクエア」隣。
 規模:地上16階(うち塔屋1階)/地下1階(高さ約73m)、延床面積約52,600m2
 工期:2006年5月着工、2007年12月竣工。
 
 ※イメージ


49街区シンクロン本社』(08年9月完成
 概要:真空装置を製造するシンクロンの本社と研究施設を集約。
    MM地区に進出する中小企業の本社はこれが初となる。
    2008年10月末に稼動。
 規模:地上6階/地下1階(高さ約35m)、延床面積約6,700m2
 工期:2007年5月着工、2008年9月竣工。
 情報:みなとみらい線 周辺散歩日記
  <完成写真
 ※イメージ


高島二丁目〜57・58街区間高島二丁目歩道橋」(08年9月開通
 概要:高島二丁目(場所)の「ファーストプレイス横浜」から
    首都高の下方を通り新高島地区へ接続。
    今後は以下の方面にも接続予定。  
    ・57・58街区〜新高島駅(53街区)方面
    ・高島二丁目の当該施設から横浜駅みなみ通路東口方面
    ※住宅施設「パークタワー横浜ステーションプレミア」
 規模:延長約80m、幅員約6m。
 情報:MM線周辺散歩日記
 
 ※イメージ


本開発特集ページへ戻る


35街区『グランモール公園・地下自転車駐車場』(09年3月完成/詳細
 概要:グランモール公園地下の自転車駐車場施設。
 工期:2007年3月着工、2008年度末竣工予定(参照)。
 情報:MM線周辺散歩日記


23街区『日本丸メモリアルパーク/横浜みなと博物館』(一期09年4月完成/二期計画中)
 概要:・帆船日本丸がある現メモリアルパークをリニューアル。
     マリタイムミュージアムは「横浜みなと博物館」に名称変更。<一期
    ・10年度末に横浜市へ返却される23街区(コスモワールドの一部)も
     公園として整備する計画。<二期
    ※観覧車「コスモクロック21」のある新港15街区は当面継続の見込み。
 情報:カナロコ/横浜市港湾局/MM線周辺散歩日記


3街区(象の鼻地区)『象の鼻パーク』(09年6月完成
 概要:横浜開港150周年に合わせて明治時代の状態に復元。
    2009年6月オープンしたが、その後も部分的整備を行う。
 公式:港湾局内サイト
  
 ※イメージ


本開発特集ページへ戻る


51街区〜52街区間ペデストリアンデッキ」(09年7月開通
 概要:「高島中央公園」(51街区)と「GENTO YOKOHAMA」方面(52街区)を結ぶ。
    キング軸(詳細)の一部。
 備考:2007年9月の竣工から2年近く経過した2009年7月ようやく開通。


66・67街区『水際プロムナード』(09年7月開通
 場所:日産本社ビルや横浜三井ビルが建設される66・67街区帷子川沿い。
 工期:2006年3月着工、2009年7月開通。
 情報:MM線周辺散歩日記


66街区〜68街区間はまみらいウォーク」(09年7月開通
 概要:横浜駅東口の「横浜新都市ビル(そごう)」(68街区)から
    日産本社ビル内2階部分(66街区)を通り、
    今後は「MM8号交差点デッキ」として
    とちのき通り交差点を横断した以下の三方向に分岐する(画像)。
    ・53街区「GENTO YOKOHAMA」方面(09年度中完成予定
    ・65街区「富士ゼロックス」方面(09年度中完成予定
    ・55・56街区「今後公募予定」方面(着工時期未定)
    「新都市ビル地下1階」から「はまみらいウォーク」までは
    エスカレータで2009年11月接続される予定である。
 規模:延長約100m、幅員約12m。
 工期:2008年6月デッキ完成/日産本社開業の2009年8月全面開通。
 情報:MM線周辺散歩日記その1/その2/その3/横浜市道路局
 

 ※イメージ


本開発特集ページへ戻る


66街区『日産自動車本社ビル』(09年8月開業
 概要:本社オフィス、カフェ、ギャラリー等。
    建物のデザインは「帆」をイメージ。
    対岸の「そごう」(横浜新都市ビル)と、ペデストリアンデッキで結ぶ。
    2009年8月開業。
 規模:地上22階/地下2階(高さ約99.9m)、延床面積約92,330m2
    ※当初は地上33階、高さ150m級を想定していた。(参照
     ただし、延床面積は約78,500m2から拡大しており単に規模縮小とは言えない。
 工期:2007年1月着工、2009年8月開業。
 情報:都市整備局(初期計画)/MM線周辺散歩日記
 
 ※イメージ(初期はこちら


57街区『劇団四季CANON-CATSシアター」』(09年11月開業
 概要:セガが開発中止した敷地の一部に20億円で建設。(暫定施設
    全て1階席で収容人数1099人。
 場所:シンクロン本社前の57街区辺り。
 規模:敷地面積約4200m2
 工期:2009年6月着工、同年11月11日開業。
 公式:ミュージカル「キャッツ」横浜公演
 情報:MM線周辺散歩日記
 
 ※イメージ


46街区
北西部(左下区画)『横浜ブルーアベニュー』(09年12月開業
 概要:オーク・デベロップメントによるオフィスビル計画。
    その他に商業施設も入る。09年12月開業。
    パシフィックスクエア横浜(仮称/ODビル)から名称変更。
    ※オーク・デベロップメント=パシフィックマネジメントグループ
 備考:2009年3月、開発施行主のパシフィックHD倒産。当初の09年9月末から開業延期。
 場所:「JackMall」隣。
 規模:地上17階/地下2階(高さ約84.3m)、延床面積約52,284m2
 工期:2007年9月着工、2009年12月開業。
 
 ※イメージ(初期はこちら


本開発特集ページへ戻る


28街区『ホテル・シネコン・業務施設「TOCみなとみらい」』(10年3月開業
 概要:テーオーシーによる複合商業施設建設計画。「動く歩道」に接続。
    2010年3月19日開業。
   【低層階】
    ・ショッピング・飲食街「コットンマーレ」(地下1階〜7階)
    ・松竹、ティ・ジョイなどによる地区最大のシネコン横浜ブルク13」(6〜9階)
    ・フィットネスクラブ(7・8階)
   【高層階】
    ・ホテル「ニューオータニイン横浜」(10〜19階)
    ・オフィス棟(10〜17階)
    ティ・ジョイ東映グループ
 備考:テナントが埋まらないため当初の09年9月から開業延期。
 場所:桜木町駅付近(動く歩道入口左手)。  
 規模:地上19階/地下1階/塔屋1階(高さ約95m
    延床面積約108,390m2
 工期:2007年8月着工、2010年3月開業。
 備考:民間都市再生事業計画(国土交通省)に認定。
 公式:(仮称)みなとみらい21-28街区プロジェクト
 情報:MM線周辺散歩日記
 
 ※イメージ(初期はこちら


65街区『富士ゼロックス「R&Dスクエア(CITY)」』(10年4月開業
 概要:富士ゼロックスの研究開発拠点施設。
    国内の研究・開発機能を集約する。稼動時の就業は4500人程度。
    富士ゼロックスアドバンストテクノロジーの本社が置かれる。
    また、横浜駅東口から日産本社を経由するペデストリアンデッキ
    同センターまで接続。2010年4月から順次稼動。
    建物の外観はスクエアからオーバル(楕円)形状に変更になった詳細
 場所:「マリノスタウン」隣。
 規模:地上20階/地下2階(高さ約100m)、延床面積約135,250m2
 工期:2008年3月着工、2010年3月竣工。
 情報:MM線周辺散歩日記
 
 ※イメージ(初期はこちら


33街区(クイーンズスクエア」前
南東部(右区画)『MMセンタービル(ODKビル)』(10年5月開業
 概要:オリックスによる複合オフィスビル建設計画。
    21階建て高層オフィス棟と3階建ての低層商業棟。
    みなとみらい駅に接続する。
    ビルの北側には敷地の3分の1以上を費やした公開空地が配される。(参照
    2010年5月開業。
    オリックス大和ハウス工業、ケン・コーポレーションによる共同企業体
 規模:地上21階/地下2階(高さ99.8m)、延床面積約95,200m2
 工期:2007年9月着工、2010年4月竣工。
 公式:みなとみらいセンタービル Minatomirai Center Building
 情報:MM線周辺散歩日記その1/その2
  
  
 ※イメージ


63・64街区『高島水際線公園』(11年5月開園
 場所:「マリノスタウン」、「スポーツパーク」(60・61街区)脇の帷子川沿い。
 概要:読み方は"たかしますいさいせんこうえん"。
    66・67街区帷子川沿いにある水際線プロムナード(遊歩道)と接続。
    親水ゾーンもある。 
 工期:2009年着工、2011年5月25日オープン。
 公式:横浜市の公式リリース
 情報:MM線周辺散歩日記その1/その2(開園情報)


42街区
南東部(右区画)『丸紅・三菱商事「グランドセントラルタワー」』(11年7月竣工
 概要:丸紅株式会社・三菱商事によるオフィスビル建設計画。
    IT、バイオ、ナノテク等を始めとしたグローバル企業の誘致を目指す。
    水と緑豊かな広場空間や24時間通行可能な屋内歩行者空間を設け、
    低層部には商業施設が入る予定。
    建物自体は11年7月時点で完成しているが、9月開業予定である。
    千代田化工建設の本社が当ビルの8〜25階に12年夏移転予定。
    ※なお、商業施設の開業は11年10月以降としている。
 場所:「美術館」と「リーフみなとみらい」の間。
 規模:地上26階/地下2階/塔屋2階(高さ約119m)、延床面積約114,544m2
 工期:2009年1月着工、2011年9月開業予定。
 公式:MM42PROJECT/みなとみらいグランドセントラルタワー
 情報:建設業界ニュース/MM線周辺散歩日記
 
 
 ※イメージ


11-2街区(新港地区)
 北西部(左区画)『日清食品HD安藤百福発明記念館」』(11年9月開業
 概要:愛称はカップヌードルミュージアム
    インスタントラーメンの歴史展示や「チキンラーメン」手作り工房など
    体験型アトラクションなどを設ける。
    2011年9月17日オープン公式リリース)。
    11-2街区のうち万葉倶楽部側の4000m2ほどの敷地を開発。
    <<2010年3月公表,2011年1月に開業予定日公表>>
 規模:地上5階/地下1階(高さ約26m
    延床面積約10,000m2、敷地面積約4000m2
 工期:2010年12月着工、2011年9月開業。
 情報:神奈川新聞
 関連:インスタントラーメン発明記念館(大阪)
 
 ※イメージ


67街区『横浜三井ビルディング』(12年2月開業
 概要:三井不動産によるオフィスビル建設計画。
    IT関連など先端重点産業や国連の関連機関などの誘致を目指す。
    ・横浜駅方面とMM地区を繋ぐ歩行者導線「オープンモール」
    ・低層部に商業施設などが入居する憩いの空間「アーバンプラザ」
    ・発展途上国への支援活動を行う「国連WAFUNIF日本アジア機構」
    ・横浜国立大学「未来情報通信医療社会基盤センター」のサテライトオフィス
    ・次世代テクノロジー開発企業を発掘・育成する「フューチャーラボ(仮称)」
    ・世界最大級の「世界鉄道模型博物館」(2012年7月開業)
 場所:「日産本社ビル」隣。
 規模:地上30階/地下2階(高さ約153m)、延床面積約90,574m2
 工期:2009年10月着工、2012年2月竣工
 ※当初計画:地上29階、高さ約138m⇒(規模拡大)地上31階、高さ約155m、延床面積約89,000m2、2009年1月着工、2011年5月竣工予定。
 公式:横浜三井ビルディング
 情報:ヨコハマでの出来事/三井不動産(09/10/16)
 初期:建設業界ニュース/MM線周辺散歩日記
  
  
 ※イメージ(初期はこちら


34街区『三菱地所MARK IS みなとみらい』(13年6月開業
 概要:大型商業施設。店舗面積は約4万2900m2でMM地区最大、
    三菱地所の商業施設計画としても最大となる見込み。
    集客力のある複数の中核テナントを配置、ブティックなどを
    集め、屋上に菜園なども。2013年6月21日開業。
    5階・6階にはセガBBC EARTHによるエンターテインメント施設
    「Orbi」の世界一号店が同年8月19日にオープン予定。
    地下部分の3分の2程度を自走式の駐車場とし(約900台収容)、
    建物中央に美術館側と海側を貫く吹き抜けの歩行者通路を設ける。
    また、地下でみなとみらい駅と直結させる計画である。
    <<2010年9月公表>>
 場所:横浜美術館前。
 規模:地上6階/地下4階(高さ37m)、延床面積約117,000m2
 工期:2011年3月着工、2013年6月竣工。
 情報:MM線周辺散歩日記/神奈川新聞
 備考:当初は高さ120m級のオフィスビルの建設が噂されていた。
    2008年12月、マンションと商業施設の建設計画が公表されたが、
    2009年6月に計画は一旦凍結された。
    今回、マンションの建設計画を廃止にした新計画が発表された。
    ⇒以前の建設計画
 
 ※イメージ


本開発特集ページへ戻る


☆マンションのみ
41街区(グランモール沿い
南東部(右区画)『集合住宅「M.M.MID SQUARE』(07年6月完成
 概要:低層部には商業施設が進出。
    TSUTAYAスターバックス、7月25日オープン。
 場所:NTT「横浜メディアタワー」隣。
 規模:地上31階/地下1階(高さ約100m)、延床面積約82,000m2
 工期:2005年5月着工、2007年6月竣工。
 情報:M.M.MID SQUARE(完売)/みなとみらい0街区
 ※みなとみらいミッドスクエア ザ・タワーレジデンス
 
 ※イメージ 


南部(右下区画)『集合住宅「Brillia Grandeみなとみらい」』(07年11月完成
 概要:東側(海寄り)がオーシャンフロントタワー(ocean)で、
    西側(高島中央公園寄り)がパークフロントタワー(park)。
    低層部に映像文化施設(ミニシアターなど)が入る。
 規模:地上30階/地下1階・2棟(高さ約106m)、延床面積約76,200m2
 工期:2005年2月着工、2007年11月竣工(両棟)。
 ※ブリリアグランデ
  
 ※イメージ


40街区『集合住宅「M.M.TOWERS FORESIS」』(08年2月完成
 概要:北西側(高島中央公園寄り)がL棟、その隣がR棟。
 規模:地上30階/地下1階・2棟(高さ約107m)、延床面積約155,100m2
 工期:2004年11月着工、R棟=2007年3月竣工/L棟=2008年2月竣工。
 ※エムエムタワーズフォレシス
 
 ※イメージ


50街区(「高島中央公園」の向かい
北部(左上区画)『2つの賃貸集合住宅
 ・北−E「ロイヤルパークスタワー(仮称)」(07年11月完成
  規模:地上29階/地下1階(高さ約102m)、延床面積約45,651m2
     都市整備局のサイトでは、地上31階になっている。
  工期:2005年8月着工、2007年11月竣工。
  備考:民間都市再生事業計画(国土交通省)に認定。

 ・北−W「パシフィックレジデンスタワー(仮称)」(08年6月完成
  規模:地上29階/地下1階(高さ約102m)、延床面積約45,893m2
  工期:2006年2月着工、2008年6月竣工。
  備考:民間都市再生事業計画(国土交通省)に認定。
 
 ※イメージ 


本開発特集ページへ戻る


これまでに閉鎖された暫定施設(限定更新中)
2006年3月以降に閉鎖された施設に限る


16街区(新港地区)
 施設:『カーチス』(旧ライブドアオート)
 閉鎖:2011年4月(※開業:1999年3月)
 公式:カーチス横浜からのお知らせ(2011年3月末で営業終了)
 ⇒ブライダル関連施設「アニヴェルセルみなとみらい横浜」を開発[→詳細]


25街区
 施設:『フォレシスギャラリー』(旧名:ヨコハマベイサイドギャラリー)
 用途:マンションモデルルーム&販売センター。
 販売:「THE YOKOHAMA TOWERS」→「M.M.Towers」→「M.M.Towers FORESIE」
 閉鎖:2006年8月(※開業:2000年)
 概要:マンション完売のため。
 ⇒ランドマークタワー第二棟建設予定地[→詳細


28街区
 施設:『マンションギャラリーパーク』
 用途:「マリーナゲートタワー」のモデルルーム&販売センター。
 閉鎖:2006年10月(※開業:2002年)
 概要:マンション完売のため。
 ⇒テーオーシーの複合商業ビル「TOCみなとみらい」[→詳細


32街区
 施1:『32番館』(参照
 用途:セブンイレブンマクドナルド、ロイヤルホストなどの店舗施設。
 閉鎖:2006年3月(※開業:1996年)
 概要:借用期限切れ/店は閉店。
 ⇒UR都市機構が公募予定[→詳細


 施2:『臨時バス専用駐車場』
 用途:閉鎖した「観光バスターミナル33番館」の代替利用。
 閉鎖:2006年10月
 ※今後は、「観光バスターミナル54番館」(※2009年閉鎖済)または「横浜美術館」駐車場(有料)を利用して欲しいとのこと。
 ⇒UR都市機構が公募予定[→詳細


33街区
 施1:『観光バスターミナル33番館』
 閉鎖:2006年3月(※開業:1999年)
 概要:借用期限切れ/54街区に代替施設建設(※2009年閉鎖済)
 ⇒オリックス等による「MMセンタービル」[→詳細


 施2:『「M.M.MID SQUARE」マンションギャラリー』
 用途:マンションモデルルーム&販売センター。
 閉鎖:2006年5月
 概要:借用期限切れ?/42街区に施設を移転。
 ⇒オリックス等による「MMセンタービル」[→詳細


42街区
 施設:『「M.M MID SQUARE」マンションギャラリー』
 用途:マンションモデルルーム&販売センター。
 閉鎖:2006年10月
 概要:マンション完売のため。
 ⇒丸紅・三菱商事「グランドセントラルタワー」[→詳細


45・46街区
 施設:『YOKOHAMA Jackmall』(ジャックモール
 閉鎖:2012年9月(1999年10月開業)
 三菱地所日本郵船、横浜共立倉庫土地保有
 備考:過去の情報1⇒2010年以降再開発「恒久施設」着工予定(MM線周辺散歩日記より)
    過去の情報2⇒ツインタワー建設計画情報
 ⇒45街区(三菱地所)は8階建ての研修施設を開発[→詳細]
 ⇒46街区(清水建設)は複合オフィスビルを開発[→詳細]


48街区
 施設:『独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)
     横浜中央都市整備事務所』(参照
 閉鎖:2006年5月(※開業:1996年)
 概要:MM中央地区の土地造成完了。
 ⇒「横浜アンパンマンこどもミュージアム」[→詳細


52街区
 施1:『「Brillia Grande みなとみらい」マンションギャラリー』
 用途:マンションモデルルーム&販売センター。
 閉鎖:2006年8月
 概要:マンション完売のため。
 ⇒横浜市が公募予定[→詳細


 施2:『「パークタワー横濱ポートサイド」マンションギャラリー』
 用途:マンションモデルルーム&販売センター。
 閉鎖:2007年4月
 概要:マンション完売のため。
 ⇒横浜市が公募予定[→詳細


54街区
 施設:『観光バスターミナル54番館』 [→詳細(旧ページ)
 閉鎖:2009年3月(※開業:2006年10月)
 情報:MM線周辺散歩日記
 ⇒横浜市が公募予定[→詳細]

57街区
 施設:『劇団四季CANON-CATSシアター」』 [→詳細
 閉鎖:2012年11月(2009年11月開業)
 ⇒横浜市が公募予定


本開発特集ページへ戻る


特設会場施設(更新停止中)


2街区(新港地区・赤レンガ倉庫前イベント広場)(サイト
◇会場使用例
 ・『屋外スケートリンク
  期間:2005年度/2006年度冬季(12月〜2月)
 ・『サムライブルーパーク』
  主催:日本サッカー協会キリンビール
  概要:ドイツW杯日本代表応援前線基地
 ・『Starry Nights with HEARTLAND BEER』
  概要:プラネタリム演出ビアガーデン
  期間:2006年7月22日〜8月6日 17:00〜22:00 


3街区(象の鼻地区
 会場:『マッスルシアター』(2006年9月閉館
 上演:マッスルミュージカル
 今後:「象の鼻パーク」[→詳細


43街区
◇北西部(左区画=新高島駅寄り)
 会場:『Johnnys横浜みなとみらい特設会場』(2006年10月閉館
 公演:堂本剛ソロ(ENDLICHERI☆ENDLICHERI)ライブ「The Rainbow Star
 今後:横浜市が公募予定[→詳細


52街区
 会場:『「キャプテン☆ドみの」特設スタジオ』(2007年8月閉鎖
 番組:TBS系列「キャプテン☆ドみの
 情報:番組公式サイト
 今後:横浜市が公募予定[→詳細


本開発特集ページへ戻る


□その他
過去の掲載データ

○今後のMM地区土地処分スケジュール
 07年度:1.3ha
 08年度:2.9ha
 09年度:1.6ha
 10年度:2.7ha
  合計:8.5ha(4年間)
 ※1ha(ヘクタール)=0.01km2=10000m2
 ※「横浜市埋立事業会計第2次中期財政プラン」(2007年)より(参照
○街区開発進捗率
 恒久施設:54%※2
 暫定施設:23%
 全体  :77%
 ※2:建設中・計画中の施設も含む。
 ※2007年3月現在(参照


本開発特集ページへ戻る


みなとみらい21」の名称の由来

街の名称についてWikipedia横浜みなとみらい21」より)
みなとみらい21」という名称は、「みなと横浜」をイメージしつつ、「未来への発展を目指す21世紀の横浜にふさわしい」名称として、1981年、一般公募された約2300点のなかから選出された。他の候補には、「アクアコスモ」「コスモポート」「赤い靴シティ」「シーサイドタウン」「シーガルタウン」等があった。

決選投票は「赤い靴シティ」と「みなとみらい21」で行なわれた。なお、「みなとみらい21」の名称は一次選考では落選している。二次選考の委員から再度発掘されたものである。

【海風という季節】「みなとみらい」通勤電車で命名朝日新聞神奈川版 2012年11月07日付/Archive
 31年前の夏の朝。勤務先の六本木・防衛施設庁に向かう地下鉄で、荒井真一郎さん(60)は悩んでいた。横浜市桜木町一帯の大規模臨海整備計画の愛称を公募していた。「どんな名前がいいかな」。横浜の景色を頭に浮かべ、考え込んだ。

 横浜市鶴見区で生まれ育ち、小さい頃は母親と山下公園大さん橋によく出かけた。「あるぜんちな丸」や「ぶらじる丸」など南米への移民船の出港風景を覚えている。「蛍の光」が流れ、船と桟橋をつなぐ5色のテープがちぎれる。ゆっくり岸を離れ、遠のく船を見ながら、桟橋の老婆がいつまでも泣いていた。

 学生時代に建築を学び、防衛施設庁では自衛隊の飛行機の格納庫設計や防衛大学校の施設建て替えなどを手がけた。大阪、沖縄、北海道……。数年おきの転勤で、単身赴任。横浜に帰る度、港と暮らしが近い街並みは特別だと感じた。

 その横浜が新しい街の愛称を募っている。電車に揺られ、過去と未来の横浜像を何度もイメージした。

 港町の歴史や風情を残しつつ、21世紀も愛され続ける名前にしたい。さらに、同じ開港の地で、ポートアイランドなどカタカナの地名が多い神戸に対抗し、ひらめいたのが「みなとみらい21」だった。

 応募総数2300件から市が選んだ最終候補にこの名前はなかった。それを救ったのが選考委員で横浜在住の画家柳原良平さん(81)。「横浜はやっぱり港町だ」と強く推したのだ。

 1990年生まれの長女は、父親が「みなとみらい」の名付け親と知って驚いた。2003年から3年間、横浜防衛施設局(現・南関東防衛局)の部長として、みなとみらいを望む合同庁舎の10階に勤務した。「名付けた街を見て、やっぱり気持ちよかったです」

 今は横浜市都筑区の自宅から東京・市谷の防衛省へ通勤し、深夜まで仕事が続く。5月、久しぶりにみなとみらいを訪れ、変わり続ける「みなと」の景色に驚いた。来春定年を迎えたら、ゆったりと歩いてみたい。

(宮嶋加菜子)


本開発特集ページへ戻る






<以下、はてなダイアリー自動広告>